justin-bieber

ジャスティン・ビーバーさん、プリンスをディスって炎上事件

2016年4月21日(現地時間)に亡くなった歌手プリンスさん(Prince, 57)を追悼するギタリストのアンドリュー・ワットのInstagramに、ジャスティン・ビーバーが生意気なコメントをしたことで炎上したと「New York Daily News」などが報じています。 アンドリューは自身のInstagramに「彼は生存する最高のパフォーマーの最後の一人だった。僕にとってギターのアイドルだった」と悲しみを募らせていました。 そのコメント欄にジャスティンは「まあ、生存する最高のパフォーマーではないけどね」と投稿したとされ、これに対してアンドリューのファンも、プリンスさんのファンも激怒したといいます。「少しは思いやりを持て、このバカ」「スター気取りのちっぽけなガキがプリンスほどの素晴らしいア

justin-cry-full

ジャスティンビーバーさん、日本の客のマナーの悪さでライブで号泣、そして中止

ジャスティンビーバーさん、日本の客のマナーの悪さでライブで号泣 2016年08月13日に幕張メッセで行われたジャスティンビーバーさんの日本公演で、日本人客のライブのマナーの悪さにジャスティンさんが号泣し、3時間予定されていたライブを1時間30分で切り上げるという事件が起きました。 ライブのマナーの悪さのひとつに、スタンディング席のステージ前のVIPスタンディング席の押し合いが酷く、足を踏まれたり、肘でタックルされたり、中には転んで下敷きになった上から踏まれてしまうという人が続出。twitterでは、そのケガを写真付きでUPしている女の子もいました。 ここまで酷いことを予想していなかったのでしょうが、サンダルの女の子は特に爪も剥がれるなどの被害にあっているようです。 更には人を殴ってまで前に行

renaissance

ジャスティン・ビーバーが首を締められている写真がルネッサンス絵画だと話題に。

2015年11月に発売されたアルバム『Purpose』が、全米ビルボードチャート初登場1位を記録し、相変わらずの話題と人気ぶりを発揮しているジャスティン・ビーバーさん。 かつて、素行の悪さで何度か逮捕されたこともある彼ですが、今度はラッパーに首を締められている写真がネットで拡散され話題となっているます。 ところが、ラッパーとの確執うんぬんよりも、その写真が「ルネッサンス絵画みたい!」と話題になり、ネットユーザーたちに画像を加工してオモチャにされているようです。 ネットで話題となっている写真がこちら。 撮影されたのは、米テキサス州ヒューストンのナイトクラブです。 クラブで開催されていたパーティーに出席していたジャスティンが、近くにいたラッパー、ポスト・ マローンの頭を灰皿代わりに使ったところ、